日本規格協会ソリューションズ 審査登録事業部

審査サービス

各種マネジメントシステム

FSSC22000:食品安全マネジメントシステム審査登録(認証)のご案内

FSSC22000財団が所有するスキームに基づく認証です。
FSSC22000は、グローバルレベルで食品安全規格を統⼀し、フードサプライチェーン全体の費用効率向上などを目指すために設立された非営利団体G F S I(Global Food Safety Initiative)により、食品安全の認証スキームの⼀つとして承認されています。

FSSC22000は、以下の3つの要求事項を組み合わせたスキームです。

  1. ISO22000:2018の要求事項
  2. セクター固有の前提条件プログラム(PRP)の要求事項
    食品製造:ISO/TS22002-1
    食品容器包装の製造:ISO/TS22002-4
  3. FSSC追加要求事項

FSSC22000のモデル図

適用規格

FSSC22000では、ISO22000:2018に加え、以下の規格が適用されます。

①食品製造メーカー・食品加工業・化学製品メーカー向け:ISO/TS 22002-1:2009
食品安全のための前提条件プログラム-第1部:食品製造
Prerequisite programmes on food safety -- Part 1: Food manufacturing
規格のご購入はこちら
JSA Webdesk(外部サイト)へリンクします。


②食品包装材メーカー向け:ISO/TS 22002-4:2013
食品安全のための前提条件プログラム-第4部:食品容器包装の製造
Prerequisite programmes on food safety -- Part 4: Food packaging manufacturing
規格のご購入はこちら
JSA Webdesk(外部サイト)へリンクします。


FSSC22000の特徴

FSSC22000(Food Safety System Certification)は、ISO 22000(食品安全マネジメントシステム)にISO/TS22002-1(食品製造の為の前提条件プログラム)又はISO/TS 22002-4(食品容器包装の製造の為の前提条件プログラム)、及びFSSC追加要求事項を加えた食品安全規格のスキームです。

  • 食品製造メーカー・食品加工業・化学製品メーカー向け:ISO/TS 22002-1(カテゴリ:C、K)
  • 食品包装材メーカー向け:ISO/TS 22002-4(カテゴリ:I)
FSSC 22000は食品安全のハザードとなり得る内的要因はもちろんのこと、外的要因に関しても確実に管理することで、食品安全のリスクを限りなく減少させるシステムのため、現在、食品業界で非常に注目を浴びています。


FSSC22000 Ver.5.1 追加要求事項のポイント
  1. サービス及び購入材料の管理
  2. 製品のラベリング
  3. 食品防御
  4. 食品偽装の軽減
  5. ロゴの使用
  6. ⑥ アレルゲンの管理
  7. ⑦ 環境モニタリング
  8. ⑧ 製品の処方
  9. ⑨ 輸送及び配達
  10. ⑩ 保管及び倉庫保管
  11. ⑪ 交差汚染予防のためのハザード管理及び手段
  12. ⑫ PRP検証
  13. ⑬ 製品開発
  14. ⑭ 健康状態
  15. ⑮ マルチサイト認証を有する組織の要求事項

注)カテゴリ毎に適用される追加要求事項が異なります。


FSSCへのガイダンス

FSSCの効果的な取り組みについてご紹介いたします。



認証取得のメリット
  1. 世界で認められるGFSI承認の食品安全認証規格の運用が実証される
  2. 二者監査コストの低減
  3. コーデックスHACCPの運用の実証が可能
    (厚生労働省のHACCP制度化の監視指導でFSSC22000の監査結果の活用を検討)
  4. 食品安全に関するリスクの低減
  5. コンプライアンスの推進
  6. ⑥ クレームの迅速な対応や予防体制が整う
  7. ⑦ 食品安全に対する従業員の意識向上
  8. ⑧ 消費者・顧客等からの信用と信頼の獲得

お見積り

審査費用のお見積り・パンフレット請求(無料)はこちらから。お気軽にお問い合わせください。
お申込みはこちら


FSSC22000受審 無料セミナー・相談会

FSSC22000審査登録(認証)のための無料セミナー及び相談会を開催しております。
業種、業態に合わせたFSSC22000のお悩み事やお困り事、また「登録移転の手続き」や「費用見積り」等、様々なご相談をお受けします。
ぜひこの機会にご参加ください。
お申込みはこちら


食品安全マネジメントシステム教育研修

食品安全に関しては、食中毒や異物混入、コンプライアンス上の問題など難しい問題が多く発生しており、さらに東京オリンピックを控えていることから、 食品安全マネジメントシステム規格のFSSC22000が非常に注目されています。
日本規格協会グループでは、食品安全マネジメントシステム(FSMS)の入門から内部監査員やPRP解説など様々なニーズに対応した各種セミナーを取り揃えております。
有効性の高いFSMSを運用するための一助として“教育”は本セミナーにお任せください。
教育研修の詳細はこちら
JSA Webdesk(外部サイト)へリンクします。


認定範囲を確認 審査費用お見積 審査登録申請書

審査登録に関するお問い合わせ

日本規格協会グループ
マーケティングユニット 営業チーム

TEL:03-4231-8506FAX:03-4231-8650