日本規格協会ソリューションズ 審査登録事業部

審査サービス

各種マネジメントシステム

ISO22000:食品安全マネジメントシステム審査登録(認証)のご案内

ISO22000に基づく食品安全マネジメントシステム審査登録(認証)です。
ISO22000は、コーデックスHACCPシステムを基本とした、食品を製造するためのマネジメントシステム規格です。

HACCPシステム自体にもPDCAサイクルが存在しますが、ISO22000はHACCPシステムが確実に運用されるように、組織全体のプロセスのPDCAサイクルも要求しています。

食品安全マネジメントシステムのモデル図

適用規格

ISO 22000:2018
食品安全マネジメントシステム-フードチェーンのあらゆる組織に対する要求事項
Food safety management systems -- Requirements for any organization in the food chain
規格のご購入はこちら
JSA Webdesk(外部サイト)へリンクします。


ISO22000の特徴

食品が意図した用途に従って調理されたものが、消費者に危害をもたらさないように、組織が方針及び目標を定め、 それを達成するためのシステムがISO 22000:食品安全マネジメントシステムです。コーデックスHACCPの内容を全て含み、マネジメントシステムの要素を加えられています。
システム(仕組み)を確実に構築することで、食の安全を担保します。

この規格は、全てのフードサプライチェーンの組織を対象としており、畜産・水産業、農業、食品製造業、動物の飼料製造業、ケータリング、小売業、輸送・保管業、清掃・洗浄及び殺菌・消毒等のサービス、食品包装・包装資材の製造、装置の製造、(生化学)化学製品の製造など、“農場から食卓まで(From Farm To Table)”と表現されるように、ISO22000は広範な業種に適用することができます。

HACCPとISO22000:2018の対比

対象となる組織

この規格は下記フードチェーン(関係者)内のすべての組織が対象となっています。

  • 作物生産業者、飼料製造業者
  • 食品製造業者
  • 輸送及び保管業者、下請負契約者
  • 小売業者
  • 清掃・洗浄、殺菌・消毒等のサービス業者
  • 食品包装・包装資材製造業者
  • 添加物・香料等の化学品製造業者
  • 農薬、肥料、洗浄剤等の製造業者

認証取得のメリット
  1. コーデックスHACCPの運用の実証が可能
    (厚生労働省のHACCP制度化の監視指導でISO22000の監査結果の活用を検討)
  2. 食品安全に関するリスクの低減
  3. コンプライアンスの推進
  4. クレームの迅速な対応や予防体制が整う
  5. 食品安全に対する従業員の意識向上
  6. ⑥ 消費者・顧客等からの信用と信頼の獲得

ISO22000:2018の構成

2015年改訂のISO 9001、ISO 14001と同様の構成となり、マネジメントシステムの下記7原則が盛り込まれています。

  • 組織の状況(利害関係のニーズ、適用範囲の決定、食品安全マネジメントシステム)
  • リーダーシップ(経営者のコミットメント、食品安全方針、責任・権限)
  • 計画(リスク及び機会、食品安全マネジメントシステムの目標及び計画)
  • 支援(資源、力量、認識、コミュニケーション、文書化した情報)
  • 運用(運用の計画・管理、前提条件プログラム、トレーサビリティシステム、緊急事態への準備及び対応、ハザードの管理、PRPs及びハザード管理プランを規定する情報の更新、モニタリング・測定の管理、PRPs及びハザード管理プランに関する検証、製品及び工程の不適合の管理)
  • パフォーマンス評価(モニタリング・測定・分析及び評価、内部監査、マネジメントレビュー)
  • 改善(不適合及び是正処置、継続的改善、食品安全マネジメントシステムの更新)
    
ISO22000:2018の概要

お見積り

審査費用のお見積り・パンフレット請求(無料)はこちらから。お気軽にお問い合わせください。
お申込みはこちら


ISO22000受審 無料セミナー・相談会

ISO22000審査登録(認証)のための無料セミナー及び相談会を開催しております。
業種、業態に合わせた食品安全マネジメントシステムにおけるお悩み事やお困り事、また「登録移転の手続き」や「費用見積り」等、様々なご相談をお受けします。
ぜひこの機会にご参加ください。
お申込みはこちら


食品安全マネジメントシステム教育研修

食品安全に関しては、食中毒や異物混入、コンプライアンス上の問題など難しい問題が多く発生しており、さらに東京オリンピックを控えていることから、 食品安全マネジメントシステム規格(FSMS)が非常に注目されています。
日本規格協会グループでは、FSMSの入門から内部監査員やPRP解説など様々なニーズに対応した各種セミナーを取り揃えております。
有効性の高いFSMSを運用するための一助として“教育”は本セミナーにお任せください。
教育研修の詳細はこちら
JSA Webdesk(外部サイト)へリンクします。

認定範囲を確認する 審査費用お見積 審査登録申請書

審査登録に関するお問い合わせ

日本規格協会グループ
マーケティングユニット 営業チーム

E-mail:msed@jsa.or.jp