日本規格協会ソリューションズ 審査登録事業部

審査サービス

サービスメニュー

JIS Q 15001:個人情報保護マネジメントシステム審査登録(認証)のご案内

1)ISO9001やISO27001等の認証と合わせた個人情報保護の取組み

  1. 既存の仕組みに加え、顧客/パートナー/従業員の個人情報を確実に管理したい
  2. 特定の事業・サービスに重点を置いて、個人情報保護に取り組みたい
  1. PMSと合わせることによって、次のように、より質の高い取り組みが期待できます。
MS名称 メリット
情報セキュリティマネジメントシステム
(ISMS)(ISO/IEC 27001)
附属書A.18.1.4の個人情報保護に関する要求事項について、より具体的に取り組むことが可能
品質マネジメントシステム
(QMS)(ISO 9001)
特にサービス業系の組織様にとっては、サービスの質について、個人情報保護の安心感を含めてアピール可能

2)新たにJIS Q 15001に従った個人情報保護マネジメントシステムの取組み

  1. 確かな個人情報保護の仕組みを持ち、社会的責任を果たしたい
  2. マイナンバー対応をより確実なものにしたい。
  3. GDPR*への対応に安心感を得たい。
    *: 欧州で2018年5月から施行されることになった、「General Data Protection Regulation」の略で「一般データ保護規則」とも呼ばれる個人情報保護の規則。
  1. JIS Q 15001単独でも審査可能です。詳細はお問合せください。
《参考》JIS Q 15001新旧規格、他のMS規格との関係
審査費用お見積 審査登録申請書

審査登録に関するお問い合わせ

日本規格協会グループ
マーケティングユニット 営業チーム

TEL:03-4231-8506FAX:03-4231-8650