日本規格協会ソリューションズ 審査登録事業部

審査サービス

各種マネジメントシステム

ISO45001:労働安全衛生マネジメントシステム審査登録(認証)のご案内

ISO45001に基づくOHSMS(労働安全衛生マネジメントシステム)審査登録(認証)です。
ISO45001は、組織が労働安全衛生リスクを管理し、パフォーマンスを改善することを意図します。

労働安全衛生マネジメントシステムはISO45001として、2018年3月に発行されました。
ISOマネジメントシステム規格の共通テキストを踏襲しており、他のマネジメントシステムと統合して運用する機運が高まっています。


適用規格

JIS Q 45001:2018(ISO 45001:2018)
労働安全衛生マネジメントシステム―要求事項及び利用の手引
Occupational health and safety management systems -- Requirements with guidance for use
規格のご購入はこちら
JSA Webdesk(外部サイト)へリンクします。


労働安全衛生マネジメントシステムー要求事項

ISO45001では、組織が法的要求事項及び労働安全衛生リスクについての情報を考慮に入れた方針及び目標を設定し、実施することができるように、 労働安全衛生マネジメントシステムのための要求事項を規定しています。
OHSMS審査では、組織が労働安全衛生方針を策定し、方針におけるコミットメントを達成するための目標及びプロセスを設定していること、 また、パフォーマンスを改善するために必要な処置をとり、マネジメントシステムがこの規格の要求事項に適合していることを確認・評価します。


対象となる組織

ISO45001の要求事項は、汎用性があり、業種及び形態、規模、並びに提供する製品・サービスを問わず、あらゆる組織に適用できることを意図して作成されています。


認証取得のメリット
  1. ① 事故発生の危険を削減できる
  2. ② 法順守が実証できる
  3. ③ 利害関係者に労働安全衛生に対する真摯な取り組みを実証できる
  4. ④ 行政、一般顧客など得意先を新規開拓する可能性が増大する
  5. ⑤ 行政(労働基準監督署等)からの指導に対応できる
  6. ⑥ リスク低減対策は改善提案にもつながり、コストダウンの効果もある
  7. ⑦ 現在のリスクだけでなく、将来の労働安全衛生リスクもマネジメントし改善できる
  8. ⑧ 損害賠償責任保険費用の削減が可能な場合もある

ISO45001:2018の構成
  • 組織の状況(働く人とその他の利害関係者のニーズ、適用範囲の決定、労働安全衛生マネジメントシステム)
  • リーダーシップ及び働く人の参加(経営者のコミットメント、労働安全衛生方針、責任・権限、働く人の協議及び参加)
  • 計画(リスク及び機会、労働安全衛生目標及び計画)
  • 支援(資源、力量、認識、コミュニケーション、文書化した情報)
  • 運用(運用の計画・管理、緊急事態への準備及び対応)
  • パフォーマンス評価(モニタリング・測定・分析及びパフォーマンス評価、内部監査、マネジメントレビュー)
  • 改善(インシデント、不適合及び是正処置、継続的改善)
労働安全衛生マネジメントシステムの継続的改善のフロー

お見積り

審査費用のお見積り・パンフレット請求(無料)はこちらから。お気軽にお問い合わせください。
お申込みはこちら


ISO45001受審 無料セミナー・相談会

ISO45001審査登録(認証)のための無料セミナー及び相談会を開催しております。
業種、業態に合わせた労働安全衛生マネジメントシステムにおけるお悩み事やお困り事、また「登録移転の手続き」や「費用見積り」等、様々なご相談をお受けします。
ぜひこの機会にご参加ください。
お申込みはこちら


ISO45001教育研修

労働安全衛生マネジメントシステムは、既存の品質マネジメントシステムや環境マネジメントシステムとの複合運用なども視野に入れた注目の分野です。
日本規格協会グループでは、要求事項の理解から、内部監査員やOHSAS18001差分解説など様々なニーズに対応した各種セミナーを取り揃えております。
有効性の高いOHSMSを運用するための一助として“教育”は本セミナーにお任せください。
教育研修の詳細はこちら
JSA Webdesk(外部サイト)へリンクします。


審査費用お見積 審査登録申請書

審査登録に関するお問い合わせ

日本規格協会グループ
マーケティングユニット 営業チーム

TEL:03-4231-8506FAX:03-4231-8650